home〒730-0013広島市中区八丁堀2-3-3F
ホーム >  お知らせ >  01広島民商 >  広島県が感染症拡大防止協力支援金を支給!
広島県が感染症拡大防止協力支援金を支給!
01広島民商 )
2020/12/23 15:17 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 47hit ]

対象は時短に協力した市内中心部で酒類を提供する飲食店

広島県での新型コロナウィルス感染拡大を受けて、県では市内中心部で酒類を提供する飲食店について営業時間の短縮要請を出しました。期間は12月17日~1月3日までです。要請前に午後7時から午前5時までの間に酒類の提供を伴う営業を行っており、要請を受けて期間中に休業または営業時間短縮を行った店舗に支援金が給付されます。対象となるかは左地図と下記のフローチャートでご確認ください(下記にQ&Aを掲載しています。詳しい町名は県のホームページ参照)。

感染対策の観点から地域の線引きや、一律金額等についての疑問もあり、民商・県連では直ちにエリアを拡大するよう広島県・広島市に要望を提出することとしています。年末の書き入れ時で大変な時期ですが、アクリル板、非接触体温計、サーキュレーターなどの感染予防対策補助金も活用して乗り切りましょう。

 

申請期間2021年1月4日~2021年2月5日

申請は郵送のみ。郵送先は年末までに県のHPで発表

  ※簡易書留等、配達記録が分かる方法で郵送。

 

申請に必要なもの

★申請書(県のホームぺ―ジからダウンロード)

★誓約書(県のホームぺ―ジからダウンロード)

★要請前から営業を行っていることがわかる書類

 前年の確定申告書など

★飲食店営業許可証の写し

★酒類の提供を行っていることが確認できる書類

 メニューなど

★営業時間の短縮を行ったことがわかる写真

 店頭に張り紙した写真やHPでの告知画面など。

 張り紙の書式は県のHPからダウンロード可能。 民商でも印刷してあります。

★本人確認の書類

 運転免許証写しなど

★口座振込先通帳の写し(表紙と見開き) など

申請は要請期間終了後からの受付となります。早く申請したい方は年内に申請書類を用意して1月4日以降に郵送しましょう。

 

書式のダウンロードや印刷が難しい方は、民商事務局でご用意しますのでお気軽にご相談ください。

 

協力支援金Q&A

Qお酒を提供していない場合は対象外なのですか?

A対象外です。

Q店内飲食は休業してテイクアウトやデリバリーのみ営業の場合はどうなりますか?

A休業ではなく時間短縮扱いになります。

Q店内飲食は要請通り時間短縮で、テイクアウトは22時まで行いたいんですが対象となりますか?

A店内飲食を時間短縮しているなら時間短縮となります。

Qお酒の提供はしていますが営業が通常時で19時までの場合は対象となりませんか?

A要請期間の前から19時から5時の間に酒類の提供がない場合は対象外となります。

 

詳しくはこちら(広島県HP)

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/covid19-support.html

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 342  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 342    
広島県全国商工団体連合会
HOMEに戻るサポートできる事お知らせ一覧個人情報保護規約お問合せ全商連サイト

広島県商工団体連合会
〒730-0013広島市中区八丁堀2-3-3F
電話番号:082-555-0015