home〒730-0013広島市中区八丁堀2-3-3F
ホーム >  お知らせ >  記事一覧 >  緊急貸付で満額借入が実現 まずは申し込みを
緊急貸付で満額借入が実現 まずは申し込みを
記事一覧 / 03北民商 )
2020/4/23 12:11 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 70hit ]

新型コロナウイルスによる商売への影響が深刻さを増す中、この難局を緊急貸付で乗り越えようと、借入の相談が増えています。

 

公庫は土日も対応


 以前紹介した公庫での残債を含む全額の低金利での借換のように、政策公庫は簡易な書類で申し込めることもあり、セーフティネットよりも希望者が多い状況です。
 陽気な道場に相談に訪れて政策公庫に申し込んだAさんは、借入要件などを満たしていない部分があり一度は持ち帰りとなりましたが、事務局と共に検討して再度申し込むことに。政策公庫は土日も窓口を空けているということで問い合わせると「土日はインターネットから予約する」ということに。早速事務局と一緒にネット予約し、日曜日に公庫を尋ねると30分にわたり丁寧に話を聞いてくれました。最後に2週間くらいで決定が下りると思うという答えを聞き、まずは一安心と喜んでいました。
 

セーフティネット4号で希望額満額も


 自治体の認定を受けて銀行・保証協会に申し込むセーフティネット保証融資で、希望額の満額での融資が決定した会員もいます。Bさんは、セーフティネット4号(保証協会の100%保証)貸付を申し込みました。新型コロナの影響で売上が20%以上落ち込んだBさん。申請書を書いて金融機関の担当者とともに広島市の認定を受け、続いて保証協会の審査を受けることに。銀行に毎年の決算書は出していましたが、今回の緊急貸付のためには申請時の簡易な書類以外の追加資料を一切求められることなく、希望額満額での融資が決定しました。
 毎週木曜日(夜7時)の「陽気な道場」で、融資相談に乗っている寺本要求運動部長は「申請前の準備にあれこれ時間をかけて悩むより、まずは申請して苦しい商売の状況を訴えることが大事。公庫も保証協会も、今回のコロナでは特別な体制で話を聞こうとしている」と、積極的な活用を訴えています。
 申請用紙や方法などは民商事務所でも分かるようになっていますので、まずは民商に相談してください。
 

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 448  件):     1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 448    
広島県全国商工団体連合会
HOMEに戻るサポートできる事お知らせ一覧個人情報保護規約お問合せ全商連サイト

広島県商工団体連合会
〒730-0013広島市中区八丁堀2-3-3F
電話番号:082-555-0015