home〒732-0052 広島市東区光町2-9-24 広島ロードビル203号
ホーム >  お知らせ >  記事一覧 >  災害から見る広島市 松井市政は不合格!?
災害から見る広島市 松井市政は不合格!?
記事一覧 / 01広島民商 )
2018/12/20 10:09 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 72hit ]

12月9日「市民のための広島市政をつくる会」の講演会が県社会福祉会館で開催され、多くの団体から42名の参加がありました。

 講演会の主題は国土問題研究会理事・防災士の越智秀二さんによる西日本豪雨災害のお話です。

「西日本豪雨から見える広島の課題」と題して約1時間しっかりお話しして頂きました。

 広島の土砂災害危険個所は4万9千541か所あり、全国1位。にもかかわらず、「防災マップの警戒区域の未指定・周知未了地域が広大に残っている」「土砂災害の危険地帯への宅地造成の許可がなされてきた」「ダムの異常放流や、堰堤や排水ポンプの能力不足など人災の可能性が大きい」「危険地帯を考慮せず高速道路を建設して土石流対策をしていない」「4年前に安佐南区八木で大被害があったにもかかわらず、防災関連予算を削減し続けている」等々問題点を次々指摘。

 聞けば聞くほど恐ろしくなってくるお話で、「命と財産・暮らしを守る政治」とは何かについて考えさせられました。

「治山・治水は国の基本!自分たちの地域がどんなに危険なのか、自分の足で歩いて確認しよう」と呼び掛けられました。

 講演の後は、フロアからの問題提起がありました。

「5号線トンネルの大幅増額は理不尽でとても許されない」

「介護と国保が松井市政になってどんどん壊されていっている。大型開発優先でなく社会保障の充実を」

「教員には残業という考えすらない中で長時間労働が続き、教育環境が壊されている。子ども達に丁寧に向き合えない状況だ」

「小中学生の医療費無料化で全国最低水準の松井市政を変えよう」などの問題提起があり、松井市政の転換が強く訴えられました。

 最後に河辺尊文市民の会事務局長より「松井市長に代る候補者を今選定中であることと、一人一人がしっかり学習し、まわりの市民に対話を強めて行こう」とまとめの発言をし、講演会を終了しました。

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 402  件):     1 ..  20  21  22  23  24  25  26  .. 402    
広島県全国商工団体連合会
HOMEに戻るサポートできる事お知らせ一覧個人情報保護規約お問合せ全商連サイト

広島県商工団体連合会
〒732-0052 広島市東区光町2-9-24 広島ロードビル203号
電話番号:082-263-3130